毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

キメの整った潤う肌になれるスキンケア毛穴の開きを改善化粧のりを良くする案内
ご覧いただきましてありがとうございます。
当サイトは待ち時間を短くするため引越しました!

「新しいサイトのURLは http://kireihada.biz/ 」

毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

これからもよろしくよ願いします。

最近の記事

免疫治療は乾燥肌で悩んでる女性の肌を健康に!

--
免疫治療を御存知ですか!

免疫治療で健康な肌
最近脚光を浴びている免疫治療法は特にガン治療にも用いられ
成果を挙げています。 免疫治療法取り入れた免疫美容は健康で
きれいな肌にするために皮膚の免疫機能を正常に働かせる美容法です

免疫美容法によると、肌は排泄器官で、健康な肌は簡
単に異物、養分などは通さず、体の中から肌に水分は湧
き上がってくるもので、

肌からは水分は浸透しにくいので、肌からの栄養は必要な
いという考え方です、もし肌から水分を通していたら風呂
に入った場合肌は、水分を吸収して膨らんでくるはずです

化粧水はほとんどが水ですから、浸透してしても極少ない
成分しか肌には、浸透しないということになります

体の中から肌に栄養!

バランスの良い食事、質の良い睡眠、腸内環境を良くして
血液から栄養を行き渡らせて健康な肌にします

肌を守る脳は司令官、ランゲルハンス細胞(皮膚を守るガードマン)

ランゲルハンス細胞は表皮全体の細胞数の2〜5%で皮膚で
起こったトラブルを脳に伝え、今度は脳からトラブルを
治す指令をだして肌を守ります

ランゲルハンス細胞と界面活性剤

石油系の洗浄力の強い界面活性剤は皮膚バリア(皮脂と皮
膚の常在菌)、ランゲルハンス細胞の異物を感知する突起
を溶かしてしまい、

異物の入ってきたことを脳に伝達することができなくなり
トラブルを治す指令が脳から送られないのでランゲルハン
ス細胞は正常に働かなくなり症状は悪化してきます

またストレス、紫外線でもランゲルハンス細胞の数が減っ
たりして伝達能力は下がります

ランゲルハンス細胞を元気にするために
界面活性剤の入ってないクレンジングをおすすめします


酸性化粧品とアルカリ化粧品

弱酸性の肌は殺菌 収れん作用 アルカリ中和する免疫が
働くので健康な肌を保ってます

酸性化粧品を使い続けるとランゲルハンス細胞が弱酸性の
肌を感知して脳に連絡しても、健康な肌は、もともと弱酸
性ですから、

脳は分泌物の代謝を指示しなくなって潤いがなくなり乾燥
肌・敏感肌・シミ・シワ・肌老化の原因になります

アルカリ化粧品はランゲルハンス細胞がアルカリ感知し脳
に伝えると脳は酸性物質を分泌指示すると、弱酸性の肌に
戻り潤いが出るので肌の健康につながります


温 泉

酸性の温泉:殺菌作用が高いので皮膚病等(水虫、湿疹
慢性皮膚病、アトピー)効果があります

アルカリの温泉:
アルカリ性で肌をゆるめ汚れが浮き上が
らせて皮脂を溶かし角質を軟化させるため、肌がすべすべ
になり美肌効果があります







-- --

スポンサーリンク

--
posted by なお at 00:35 | Comment(0) | 乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。