毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

キメの整った潤う肌になれるスキンケア毛穴の開きを改善化粧のりを良くする案内
ご覧いただきましてありがとうございます。
当サイトは待ち時間を短くするため引越しました!

「新しいサイトのURLは http://kireihada.biz/ 」

毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

これからもよろしくよ願いします。

最近の記事

ニキビ跡の赤みと色素沈着を驚ほど早く薄く消す

--

ニキビ跡 赤み 色素沈着を消すターンオーバーとピーリングの注意点!


ニキビ跡を薄くして早く消す方法

ニキビ跡の赤みや色素沈着は、治らないというか消しにくいですよね
いろいろな化粧品で隠そうと試してみても、隠し切れないし早く治したいと
焦るばかりです。

時間はかかり治りが遅いからと、つい諦めかけてしまうことも
あるかもしれませんね、諦めたら治りは遅くなり肌は老化して
老けて見られるようになります。

そうならないために、少しでもニキビ跡を早く消す方法を紹介します

☆ニキビ跡の原因を知って早く治すには

赤みのニキビ跡は平らになってる肌の内部で炎症を起し
血液の流れが悪くなって、毛穴の細胞壁を傷つけたのが
原因で傷跡が赤みになって残ってしまったものです。

このような状態の二キビ跡を元に戻すには、
ターンオーバー(新陳代謝)を気長に待って肌の生まれ
変わるのを何度か繰り返すと自然治癒(傷を治力)で治ります −(^-^)−

しかし

この場合のターンオーバーは正常に働いている時です。若い年齢なら
役28日の周期で3〜4回繰り返すと自然治癒で治りますが、

ターンオーバーが正常でなかったり、年齢が上がるなら周期が長くなり、ニキビ跡が
消えるまではかなり時間がかかってきます。このような事からもニキビ跡を消すには
早い対策が必要になってくるんですね、


☆ニキビ跡を早く元に戻す方法!

ターンオーバーの正常化と増進!

ターンオーバーを増進させる事で新陳代謝は活発になり健康な肌が生まれてきます。
ニキビ跡で傷ついた肌も肌が生まれ変わるたびにニキビ跡は薄くなり消えてきます。

ターンオーバーを活発にする有効成分!

ターンオーバーを増進させてニキビ跡を消すのに有効なのが
ビタミンC誘導体 なのです。



ビタミンC誘導体はビタミンCの弱点である酸化しやすい、熱に弱い、
浸透力が低いを解決してくれました。

ビタミンC誘導体は 皮膚への浸透力が高く、皮膚に付けるとビタミンCの20〜30倍! 肌に浸透したビタミンC誘導体はユックリと時間をかけビタミンCに戻ります。

その時間は 6〜14時間と長く肌の乾燥を防ぎ潤わす持続力 も長いんです。

肌の乾燥が肌トラブルの原因ですから、浸透力の高いビタミンC誘導体で
肌を潤わせるとターンオーバーも正常化してニキビ跡を早く消せるなら!
ビタミンC誘導体を利用するのは、とても有効な方法です。


ビタミンC誘導体を使うときの注意すること!

ビタミンC誘導体は肌に潤いを与えニキビ跡に効果がありますが、
高濃度のビタミンC誘導体を使えば、もっと良くなるわけではありません。


ビタミンCは肌を刺激してピリピリします


肌体質に合ったものを使わないといきなり 高濃度のビタミンC誘導体を
使ったら肌に負担をかけて良くなるどころか逆効果になるので高濃度だから
と利用するのは控えた方
がいいでしょうね。


ピーリングでターンオーバーを正常化する

ターンオーバー(新陳代謝)が正常だと角層まで上がってきた核細胞は
垢となって剥がれていくのですが、ターンオーバーの低下で残ったままに
なり、ニキビ・色素沈着となってしまいます。

その肌表面の古くなった角質や汚れをピーリングで皮を剥いであげると、
ターンオーバー(新陳代謝)が正常に働くようになり、新しい健康な肌が
生まれ変わり、だんだんと、ニキビ・色素沈着は薄くなって消えてきます。


ピーリングで注意すること!

ピーリングを頻繁に行うとターンオーバーが早まり未熟な核細胞(表皮)を
つくり、未熟な核細胞は水分の蒸発を防ぐ事ができません、

すると 肌は乾燥することに!

肌の乾燥はニキビ・色素沈着をできやすくしてしまうのでピーリングは
肌の状態を確認しながら行うようにしましょうね

ニキビ跡を早く治すと炎症の傷が浅く早く治ります、何もしないと傷が深く
なることもあり治りも遅くなりますから、早い対策が重要です (´∀`)



ニキビに良い食べ物と控えた方が良い食品


-- --

スポンサーリンク

--
posted by なお at 00:27 | Comment(0) | ニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: