毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

キメの整った潤う肌になれるスキンケア毛穴の開きを改善化粧のりを良くする案内
ご覧いただきましてありがとうございます。
当サイトは待ち時間を短くするため引越しました!

「新しいサイトのURLは http://kireihada.biz/ 」

毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

これからもよろしくよ願いします。

最近の記事

便秘の思い込みが便秘の原因!そんな便秘を解消

-- benp1.jpg

便秘って辛いですよね。便意を模様したからとトイレに
駆け込むとなかなか出てくれない、かと言って行きたくても
いけない事情があり我慢してると、さらに!出なくなって
しまう!

そんな便秘もあることを見分けると、
なんと!便秘を解消できちゃう \(^0^)/





スポンサーリンク

便秘の見分け方とスッキリドッサリ出る方法を紹介!

便秘薬の頼りすぎは逆効果に!
便秘で困ったときに頼るのが便秘薬ですよね、

この便秘薬を常用してると!

大腸黒皮症になる原因に!

便秘薬に含まれてる成分が大腸の粘膜を刺激して
腸のぜん動運動を活発にし便意をもようするように
なるのですが、便秘薬を常用することでこの刺激は
粘膜細胞を死滅させます。 

この死んだ細胞は蓄積されて黒ずみに!

でも心配しないで下さいね。この黒ずみは体に害がある
わけではありません。 ただ黒ずんでるということは、
便秘薬の飲み過ぎだということはお分かり
いただけたのではないでしょうか・・・?


市販されてる約8割に大腸を刺激する成分が含まれる

便秘だからと常用してると、薬に慣れてしまい
効きにくくなってくるので直ぐに飲むのは考えないと
いけません。

食べ物でもそうですけど、これを食べると元気になるからと
毎日食べてると効果があってるのか?無いのかわからなく
なってきてると思ったことはありませんか? 

ただ食べてないとなんだか調子が悪い
ようなってことがありますよね。

そんなときには、しばらく食べるのを止めてまた食べると
効果を実感できるように思うのは誰しも同じでは・・・

ようは、便が出ないからと常用すると効果がなくなり、
ますます便秘は強くなってくる
ということです。

そうならいためには、症状が重いと自己判断で思うときに飲むのが
便秘を強くさせない方法です。

例えば環境が変わったときとかに便秘になりやすいですよね
仕事が変わる、旅行とかされた場合などになることがあります、
または突発的なお腹のハリでトイレにいっても便がでないとき
なんかは飲むなら常用ではないのでいいですよね。

便秘薬の常用を止める事で腸の黒ずみは元に戻ってきます

もう一つ、簡単な便秘解消方法!
便秘の思い込みが便秘の原因と便秘解消法
水分をシッカリ摂ってますか?
思うように便が出ない時に水分をいつもより、
かなり多めに摂ってみては・・・!!

思ったように便が出ない時に、水分を多くとると
便も柔くなって何度でも行きたくなりますよ。

下痢とは違い、スッキリ感がありトイレに行く度に
排便ができのるで気持ちいいくらいですよ。



2〜3日一度排便があるなら便秘ではない!


毎日排便しないといけない!という思い込みが薬を常用するきっかけに
なります。 排便は週に3回以上または1日3回以下なら
便秘ではないので心配することはありません、毎日出さないと
いけないという考え方を改めたほうが便秘改善になるんで。

毎日出てないから便秘だと思ってた方は便秘薬に助けを
求めてしい、逆に便秘を強くしてたんです (xOx)

年齢が上がるに連れて便秘に悩む方が増える傾向にあるのですが
食事の量が減ったりしても便の量が減るし、固くなったりし排便機能も少しずつ
衰えてきますので、思い込みで便秘になってると勘違いしてる事があります。

思い込みでなく残便感・傷み・お腹の張りが続くようなら、
専門医で診断してもらうのがいいと思います。


食物繊維のとり過ぎに注意!
便秘に食物繊維は良いと言われますよね

ところが!

食物繊維も摂り過ぎると便秘を強くする
場合もあるので注意しましょう

食物繊維繊維には、不溶性の食物繊維と
水溶性の食物繊維の2種類があります


不溶性の食物繊維を摂り過ぎると!
不溶性は水に溶けない食物繊維で水分を吸収して便のカサを増やし
腸のぜん動運動を活発にしてくれる働きがありますが、年齢が
上がるに連れて腸の機能は衰えてるところに不溶性の食物繊維を
摂り過ぎると!

ぜん動運動は起こらないばかりか水分が吸収された便は腸内
で硬くなり過ぎて排便をするのが困難になってしまうことも
あるんです。

硬くなってしまうと自分で排便するのは難しく
病院で治療してもらうのが一番早く解決できる
方法になります。

そうならないためには!

水溶性の食物繊維も摂取するようにしましょう

水溶性は水に溶ける食物繊維で便を柔らかく、
スムーズにする効果があったり、腸内でオリゴ糖に変わると、
善玉菌を増やすエサになり腸内環境を整え、便秘改善に繋がります。

食物繊維を摂取するバランスとしては


不溶性食物繊維:2

<水溶性食物繊維:1

バランス良く不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を摂取しましょう

食事の量が減ると腸のぜん動運動は低下して便秘になりやすいので
カサを増やすために不溶性の食物繊維を食べ、便を柔らかくするために
水溶性の食物繊維も食べることが大切なんです。


不溶性の食物繊維を多く含む食品

とうもろこし・玄米・いんげん豆・小豆・大豆・キクラゲ・干し椎茸・切り干し大根・しそ・キャベツ・ごぼう・かぼちゃ・ほうれん草・里芋・サツマイモ・
干し柿・プルーン・アボカド・レモン・ブルーベリー



水溶性の食物繊維を多く含む食品

エシャレット・ニンク・大麦・とろろ昆布・焼き海苔・ひじきなど・わかめ・寒天・プルーン・ゆず(果革)きんかん・バナナ・りんご



不溶性・水溶性の両方を多く含む食品

マッシュポテト・納豆・ごぼう・オクラ・じゃがいも・キウイ・プルーンなど




排便をする時の姿勢は!

排便をスムーズにするには姿勢も大事で、少し前かがみになるといいですね
何故かと言うと姿勢を真っ直ぐするより、少し前かがみなってるほうが
直腸から肛門の通リは真っ直ぐなり便はスムーズに出やすくなります。




-- --

スポンサーリンク

--
posted by なお at 15:02 | Comment(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。