毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

キメの整った潤う肌になれるスキンケア毛穴の開きを改善化粧のりを良くする案内
ご覧いただきましてありがとうございます。
当サイトは待ち時間を短くするため引越しました!

「新しいサイトのURLは http://kireihada.biz/ 」

毛穴が気になる女性/年齢を重ねてからの正しい肌ケアー

これからもよろしくよ願いします。

最近の記事

めんちょうが鼻にできる原因と対策  

--
めんちょうの鼻にできる原因と対策

顔の眉間から鼻や口のTゾーン周辺にできる、
にきびのような痛みをともなったおできはなんなのか?

痛みを感じる時点でめんちょうと思われます、
鼻の頭にできる、赤く膨れ上がる大きな
ニキビのようなものは!

スポンサーリンク


周りが膿をもってるならめんちょうです!



めんちょうのできる原因

Tゾーンにできやすい吹き出物めんちょう
例えばニキビと思い潰したり、触ったりして
そこから黄色ブドウ球菌が侵入し
炎症を起こし膿が貯まり腫れてきます。

その腫れてできた「おでき」のことをめんちょうといいます

以前は黄色ブドウ球菌が脳に侵入して命に関わると
言われてましたが、現在はは治療薬が開発され
大丈夫なようです

めんちょうを自分で膿を出して芯を出しきれるなら
良いとも言われますが、大きくなったものを、
指で圧迫して膿を出すのは、よくありません。

きれいに出し切れずに残ってると
悪化し大きな毛穴となって残ります。

専門医で切開して排膿してもらうのが安全です。


めんちょうができたら!

早いうちに(小さい)

なら、自分で治療をするのは市販薬でも可能で
運が良ければ1週間ほどで自然治癒します


でも、 改善されなかったり、悪化するようなら
自分で治療するのには限界があり、皮膚科で治療するのが
安全です。


また、自分でする場合は清潔状態で治療しないと
逆にひどくなります。

気になって触りたくなりますが、その行為が
めんちょうを悪化させます

自分で治療するより、皮膚科に行かれたほうが
治りも早いです。


めんちょとニキビの違い

ニキビ

毛穴に皮脂や汚れが詰まり、それを餌にした
アクネ菌が繁殖し炎症を起越したものをニキビ


めんちょう

汗やブドウ球菌が毛穴の奥深く入り込み炎症を起こし
化膿した少し大きい物をめんちょう

それがさらに!大きくなったものを

「せつ」や「よう」と呼びます。




めんちょうを防ぐには

いつでも清潔な肌を保持し、肌に刺激を加えないように
することがめんちょうを防ぐために大切です。

肌は清潔に管理してるよって、思われる方は、洗顔のやり方に
どこか違ってるところがあるかもしれません、

洗顔時間を長くすぎたり、洗顔の泡が少なかったり、顔をゴシゴシ洗う

などなど行ってませんか

    正しい洗顔方法をこちらで紹介してます
         ↓     ↓
洗顔の仕方で つる プリ モッチリ 肌?正しい洗顔は 短い時間で!


また、触りたくもなりますが薬を塗るとき以外は触らない!

めんちょうをますます悪化させる原因になるので気をつけて下さいね。



めんちょうのできやすい人!!!

チョット私の事ではと思うところもありまして
余談ではありますが紹介しますね

めんちょうのできやすい人に、

糖尿病や予備群に発症する可能性 が

高くなるそうです。

いま糖尿病でもなくても、良くめんちょうができると
思われるようでしたら、


もしかして・・・・?予備群になってるかも・・・・?

まあ大丈夫と思いますが、念の為にです。

このような、こともあるようですから、よくめんちょうができるなぁって
思った方はやはり自分で治療するより専門医で見てもらった
ほうが安心ですね。


めんちょうを治す方法の関連記事


めんちょう 治し方は市販薬でOK!
めんちょう 治し方は
市販薬でOK!
めんちょうをオロナインで治せる見分け方と治し方
めんちょうをオロナインで治せる見分け方と治し方
めんちょうは潰してもいいの?潰さないで治せる方法
めんちょうは潰してもいいの?潰さないで治せる方法
めんちょう鼻にできた跡は治る?
めんちょう鼻にできた跡は治る?

鼻のめんちょう薬の効果を上げる方法
鼻のめんちょう薬の効果を上げる方法
めんちょうの鼻にできたときの薬は?


めんちょうの鼻にできたときの薬は?
めんちょうと にきびの違いを簡単に見分ける
めんちょうと にきびの違いを簡単に見分ける

めんちょうの症状と治療法
めんちょうの症状と治療法

めんちょうは潰してもいいの?潰さないで治せる方法
めんちょうは潰してもいいの?潰さないで治せる方法

-- --

スポンサーリンク

--
posted by なお at 17:09 | Comment(0) | めんちょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: